柔術 初心者

ブラジリアン柔術について何か書けたらいいなと思ってるブログ

なんか色々哲学的な事を書こうと思ったがすでに備忘録。載せてる音楽は道場までの行き帰りに聞いてるやつ。年齢的にだいぶおっさん

多幸感

柔術を始める理由は様々だと思うし、俺の場合は、七帝柔道の様なホモソーシャルな世界に憧れてって言う特殊なタイプなのだが。

 

一転、他の人も含めて、続ける理由はこれしか無いと思うものがある。

柔術やってる間は多幸感に包まれる。瞑想に近いんだと思う。終わった瞬間、あー生きてるーって気持ちになる。会社の人とかに生きてて多幸感に包まれる瞬間ある?って言いたいけど、やばい奴だと思われそうなのと、仕事しろって思われそうなので自粛。

 

今日の練習では、久しぶりに来てたベネズエラ人のクローズを割れなかった。彼は基本全て力ずくなので、いい練習になる。

 

ドリルはサイドからのエスケープを3種類、練習後に相手が帯を持ってる時のキムラの極め方をやった。

 

スパーが白帯相手が多かったという事もあり、極めかけても相手に抵抗されたら無理に力ずくで極めず、次の技に移行する事を意識した。まぁまぁ上手くいったと思う。

 

今やってる筋トレの成果が出れば、体勢に入れば極める事は出来るはず。そして、相手の腕力が強い場合を想定して今のうちに技が途切れない事を意識したい。

そして、筋トレの一環としてこれを買った。

 

体幹と同時に腕を鍛えるのだ。

 

そして更に、怪我防止の為にこれを購入。

痛気持ちいいし、道場に持って行きたいけど恥ずかしい。